KoreanChineseEnglish
会社紹介 CFA CSA CONTACT
CFA
CFA
成分比
他の銅合金との相違点
特性
用途及び適用分野
製品群
> CFA > 他の銅合金との相違点
他の銅合金との相違点
1. 一般の銅合金 (BeCu、リン青銅、洋白(Nickel-Silver) 、青銅、黄銅など)は、次のような 欠点が起きます。
    (a) 応力腐食割れ (b) 経年劣化 (c) バネ性(Spring性)低下 (d) 導電性が低い (18~20%しかない)
    しかし、CFAは上記の欠点を解決でき、長寿命と安定した品質の製品作りが可能です。

2. CFA は強度が高く、かつ導電率も高いです。
    例: CFA 90 (銅90%、鉄10%) : 引張強度 1000N/mm2 / 導電率 60% 以上。

3. 耐摩耗性
    一般の銅合金よりはるかに優れています。

4. CFAは熱伝導がよく耐久性があるため、はんだごての先端に使用する素材として最適です。
    また、金型にも優れた特性を表します。

5. CFAは他の銅合金に無い磁性と電磁波遮蔽用素材としての優れた性能を持っています。
    (今まで世界で販売されているシールド材との比較においてもCFAは極めて優れた性能を示します。また、
      経済的に大きなメリットがあります。

6. 鉄と銅は地球上に豊富に存在している物質であり、合金のリサイクル時に有害な物質が出ないため、 公害対策にも非常に有効です。

7. 銅合金をはじめとして異種金属との溶接が困難でしたが、CFA溶接棒で簡単に溶接できます。

8. RoHS規制
    従来の殆どの銅合金は鉛(Pb)等の有害物質を添加材として使っているが、
     銅鉄合金は完全なる2元合金(銅と鉄だけ)であり、製造コスト低減及び環境問題を解決できます。