KoreanChineseEnglish
会社紹介 CFA CSA CONTACT
CFA
CFA
成分比
他の銅合金との相違点
特性
用途及び適用分野
製品群
> CFA > 製品群
製品群
CFA 製品群



CFA 応用製品- 2015年 12月 現在



CFA 応用製品- 2015年 12月現在



CFA こて先

● 一般的なこて先(銅+鉄·クロム·錫メッキ) – ハンダゴテ設定温度 : 350℃ / 400℃

● 銅鉄こて先(銅鉄合金+鉄·クロム·錫メッキ) – ハンダゴテ設定温度 : 350℃ / 400℃

● 製作可能なコテ先



CFA 應用

  ● 高速鉄道車両のパンタグラフ
   - 既存の材料は、銅と鉄の焼結合金で摩耗しやすく、車体のルーフ(Roof)に摩耗の粉塵が大量に付着し、
     且つ導電性が低い為に経済効率が悪い。
     CFA素材であれば摩耗も少なく粉じんの発生も少ない。且つ導電率が高い為に経済効率が極めて高い。

  ● 自動車のブレーキ用途
   - CFAは相手の金属を摩耗しない特性を持ってあり、CFAにクロムを入れた素材で日本のAブレーキ社
     がブレーキパッドを作り合格しました。

  ● 電車のモーターのSW(スイッチ)とRelay
   - 電車のSWは非常に大きく、その接点は銀を使用しています。また、大きいL字型のリレー(Relay)に高電
     流がかかって火花(スパーク(Spark))が出てSWの接点とRelayなどを損傷させることが問題になっています。
     しかし、CFA30なら鉄が入っているので、スパークが出ても損傷は少ないし、鉄(Fe)も殆ど減りません。